HOME > 製品紹介 > ボイラ・ヒータ 熱源機器 > 小型貫流蒸気ボイラ(SAJ・SAC-P)

小型貫流蒸気ボイラ(SAJ・SAC-P)

小型貫流蒸気ボイラ(SAJ・SAC-P)

特長

SAJシリーズ
安心して気軽に使える、高効率ジュニアシリーズ

高効率88%省エネ型

一定の間隔で環状に配置した独特の垂直水管群ダブルフィン構造、下方噴霧燃焼機構での十分なる燃焼室形態、また、燃焼ガスの高速旋回流動による接触熱伝達量の大幅な増加等、各分野への徹底追及により88%の高効率を達成しています。 燃料は完全燃焼しますからススのつきはほとんどなく、長期間良好な機能を継続保持できますので燃費が大幅に節減できます。

安心して使えます

ジュニアシリーズは昭和50年9月、労働省告示「簡易ボイラ構造規格」に順応して製造されています。本体は貫流形ですから安全度が高くまたバーナの燃焼・制御機器は安全燃焼運転をモットーとして一点一点吟味されていますから総合安全度が高く、安心してご利用いただけます。地方自治条例で規定されている地域への納入品はすべて自動的に対震安全燃焼装置を装備の上出荷されます。
(指定地以外でもこの装置のご利用をおすすめします。)

すぐに蒸気がえられます

起蒸が速かでスタートして4~5分で良質な蒸気を発生します。 水管内の保有水量が少ないので負荷変動に対し追従性が極めてよく、また休止時にはボイラ内部の保有廃熱量が少ないので省エネ・経済的です。

スリムでコンパクト設計

ボイラ容量と作業場の性格に搬入・据付時の経済性を加味してスリムでコンパクトな蒸気発生機としてみました。 しかも小形・軽量ですから手狭な入口・通路でも、周囲を疵つけたり、壊すことなく容易に搬入でき、また据付も手軽に行えます。

取扱が容易です

10・20・30形共すべて簡易ボイラに該当しますので基準監督署への設置届および法的な定期性能検査の実施は必要ありません。 ジュニアシリーズは安全・コンパクト構造に加えて特に取扱い易さ、手軽さを十分に考慮して設計されておりますから、どなたでも気楽にご使用いただけます。

ボイラの耐久性が増伸

ジュニアシリーズは貫流形の特徴に加えて経済性の最大キーポイントとなるボイラの寿命を増伸させるため特に入念に設計製造されています。簡易ボイラ構造規格への順応、各構成機器の厳選等に加え水処理を含む取扱いマニュアルによる適正な運営によりボイラの耐久度は大幅に増伸し、総合的な経済性が確立できます。


SAC-Pシリーズ
簡単操作、しかも高効率・長寿命の画期的なボイラです。

高効率です。

独特な伝熱ヒレ付二重水管群と合理的な燃焼ガス流れ(実用新案)により、大幅にボイラの伝熱性能をアップしました。

安全で信頼できます。

自動連続ブロー装置(SAC-75P~200PC)、冷スタート時燃焼制限機能、給水ポンプ空運転防止装置、水管加熱スイッチ、全量式安全弁などを標準装備して、より安全性と信頼性を追求したボイラです。

良質な蒸気が得られます。

蒸発量の変化に応じて、水管水位が自動的に調整される水位制御機構です。(SAC-75P~200PC)高性能な気水分離器と相まって高乾き度で良質な蒸気が安定して得られます。

寿命の長いボイラです。

絞り加工のない水管は、構造が簡単で、スケールの付着しにくい構造です。また給水脱気機能を装備(SAC-75P~200PC)しておりますので、スケールや腐蝕に強いボイラです。

取扱いが容易です。

バーナ取付位置が低く、送風機、オイルポンプ、給水ポンプが、ボイラと同一ベース上に設置されており、日常の点検が容易なボイラです。

無免許で運転できます。

貫流形構造ですから、法的にはすべて小型ボイラの扱いです。取扱いにはボイラ技士の資格は不要です。 また、毎年の性能検査は必要ありません。